スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2009.04.05 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ソフト帽

    0
       

      出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

      ソフト帽(ソフトぼう、Soft felt hat)は、第二次世界大戦前頃まで最も一般的に使用された帽子。正しくはソフトフェルトハットと呼ぶ。 日本では中折れ帽(なかおれぼう)とも呼ばれ、当時の公務員会社員に愛用されていた。

      兎の毛を固めたラビットファーフェルト、 または羊毛を固めたウールフェルトで作られている。一般にラビットファーフェルトの方が高級とされている。 クラウン(山の中央)にクリース(窪み)があり、ブリム(鍔)は前部を下げ後部を高くするのが一般的である。 ソフト帽に対するものがハードフェルトハット(山高帽)である。



      ボルサリーノ製ソフト帽

      イタリアボルサリーノ製品が有名で、1900頃には75万個が製造され、半数以上が外国に輸出された。

      欧米では「フェドーラ」 (fedora) と呼ばれる。これは、フランスの劇作家ヴィクトリアンサルドゥー (Victorien Sardou) による1882初演の "Fédora" に由来する。ヒロインのフェドーラ (Fédora Romanoff (Romanov)) を演じたサラベルナール (Sarah Bernhardt) は男性的な衣装を好むことで知られており、劇中でソフト帽に似た形状の帽子を着用していた。

         この文章はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/ に公開されたもの。

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2009.04.05 Sunday
        • -
        • 16:37
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        PR

        calendar

        S M T W T F S
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM